大阪市東部中央卸売市場 開設50周年記念 市場まつり

2014.11.26

大阪市東部中央卸売市場 開設50周年記念 市場まつり

秋晴れに恵まれた平成26年11月23日(日)、30年ぶりの市場の一般開放に、予想を上回る3万1千人の大勢の市民の皆さんが来場し、休日の一日を満喫しました。

東果大阪からは、青果卸売棟において、仲卸組合・出荷団体・取引先の皆さんと協力し、旬の青果物・輸入果実・焼き栗・焼き芋等のブースを出店し、お目当ての品物を買い求める人たちで大盛況となり、売り場からは売り切れ続出のうれしい悲鳴が聞かれました。

青果物販売ブースには、熊本県営業部長のくまモンをはじめ、ドールやゼスプリ、地元ゆるキャラの来場もあり、くまモンの周りは、いつも黒山の人だかりで相変わらずの人気ぶりでした。

また、ステージではNHKの人気番組のショーや、のど自慢大会などがあり、親子連れからご年配まで、皆さん大いに盛り上がっていました。



ページの先頭へ

市況速報