2009.09.18

マルシェ・ジャポン・プロジェクト


■マルシェ・ジャポン・プロジェクト

2009年9月18日 掲載
 
東果大阪株式会社(弊社)は、農林水産省から「マルシェ・ジャポン」の運営者として採択され、2009年9月18日(金)を皮切りに、「マルシェ・ジャポン 関西」を開催します。
(メイン会場 / 湊町リバープレイス)

「マルシェ」とは、フランス語で「市場」「マーケット」「青空市」を意味します。パリやニューヨークなど海外の都心部では、生産者が新鮮な農産物を販売する「マルシェ」が暮らしのなかに根付いているのです。

マルシェ・ジャポン」は、多くの人で賑わう都心部で週に1~3日、開催。生産者をはじめとした出店者が、自分で作った農産物やこだわりの逸品を直接消費者に対面販売する、生産者と消費者のコミュニケーションの場として展開します。

消費者には生産者の顔が見える安全、安心、新鮮な農産物を手にする事ができるメリットがあります。また、生産者にとっては消費者の嗜好を把握して作物を考えるアンテナショップ的な機能も期待できるのです。
消費者はたんに買い物をするだけでなく、食材を選ぶ楽しさや生産者とのコミュニケーションを楽しめる…
そんな「マルシェ」をこの秋、関西でも続々開催します。

このような生産者自らが出店する旬の屋台村をはじめ、他にも地元の加工食品やローカルフードが登場。また、関西の人気シェフが集結するフード・フェスティバルなど、多数のイベントを予定しています。

「マルシェ・ジャポン 関西」では、関西各地で「マルシェ」という新しい生活空間を作り、一般の消費者はもちろん、飲食店の方にも広く利用してもらえる『市場の出張型場外特設売場』を目指しています。関西の街に、おいしい「旬」をお届けします。

「マルシェ・ジャポン 関西」のご案内
マルシェ・ジャポン」のホームページ http://www.marche-japon.org/

ページの先頭へ

市況速報